ボトックスエラなら憧れの小顔も簡単にGET【クリニックを比較】

  1. ホーム
  2. 顔をよりコンパクトにする

顔をよりコンパクトにする

カウンセリング

製剤の種類や注意すること

ボトックスエラに関しては、顔のエラにボトックス注射を打ち、顔をコンパクトに仕上げることができる、メスを必要としないプチ整形になります。小顔を手に入れたい方がボトックスエラを行うことで、目立つ腫れが生じることもなく、時間をかけながら効果が現れるという良さがあります。それから、ボトックスと言っても様々な種類が出ており、代表的なものがボトックスビスタやリジェノックス、ゼオミンです。まずは、ボトックスビスタですが、アメリカにあるアラガン社が手がけた製品で、ボトックスというネーミングを世間に広めたきっかけとなっています。ボトックスビスタは、世界の至るところで使用されている数多くの症例数があり、質が優れていることが特徴です。つぎに、リジェノックスに関しては、ボトックスビスタのジェネリックで、韓国食品医薬品安全庁許可を受けたものになります。製剤の分子量や組成はボトックスと変わりはないのですが、後発品でもあるため手の出しやすい値段になっているのが特徴です。また、ゼオミンについては、ドイツにあるメルツ社が作った製品で、高い純度を誇っていることからも効果をキープでき、何度も打つ可能性がある方には一押しとなっています。ボトックスエラというのは、簡単に小顔をゲットできるプチ整形として、美容外科においては多くの人気を集めるメニューです。ただし、ボトックスエラを行ってからある程度時間が経つと、頬に若干たるみが生じてくるという方も、中にはいます。そもそもボトックスエラに関しては、神経伝達物質に働きかけ、頬の筋肉に力が加わらないようにする効果を発揮します。ほとんど使用しなくなった筋肉は、自然に筋肉が弱くなっていくので、頬からアゴにかけてのラインがシャープになるというわけです。しかし、筋肉が弱くなると、表面に無駄な皮膚ができてしまい、たるみが生じやすくなる傾向があります。そこで、ボトックスエラをはじめて行う方で覚えておくことは、施術を受けた後の様子をよくチェックしながら、少しずつボトックスを入れることです。いっぺんにボトックスを入れてしまうと、効果が必要以上に現れてしまい、人の目につくようなたるみができてしまうので、十分注意しましょう。それから、期間を詰めてボトックスを続けて入れると、筋肉を弱めてすぎてしまう恐れがあるので、再注入する場合には約半年程度は期間を空けることが大事です。