ボトックスエラなら憧れの小顔も簡単にGET【クリニックを比較】

  1. ホーム
  2. 憧れの小顔を手に入れる

憧れの小顔を手に入れる

女性

フェイスラインがスッキリ

日帰り可能なプチ整形で、小顔になれる方法があります。それはボトックスエラという施術です。エラが張っていて顔が大きく見えるといった悩みを解消してくれるのがボトックスエラです。エラを取るのは骨を削る手術なのではないかといった疑問が湧いてくるかもしれませんが、ボトックスエラは注射なのでメスを使うことはありません。さらに、注射を打つ時間は10分〜15分程度という短さです。短時間の施術にもかかわらず、ボトックスエラの効果には個人差はありますが、半年から一年と長く続いてくれるのも嬉しいかぎりですよね。具体的な効果は、エラがなくなることでフェイスラインがスッキリとし小顔になれることです。施術内容としては、エラの箇所にボトックスを注入することで、ものを噛む時に使う咬筋という筋肉を弱めます。エラは咬筋が発達しすぎているのが原因と言われています。だから、この咬筋に3〜5か所ほど注射を打って、その筋肉の作用を弱めることでエラをなくすことができるのです。だからといって食事の時に噛めずに困るといった心配はないので安心してください。ボトックスエラは費用も手頃かつ傷跡が目立たないので人気になっています。骨を削る手術ではなくボトックスの注射を打つだけなので、チャレンジしやすい料金設定になっています。注射を打つ量や部位はしっかりとクリニックでカウンセリングできるので、自身の希望を伝えて調整することが可能です。ボトックスエラは3〜4回ほど繰り返して注入することで小顔効果の持続が保たれるというメリットもあります。価格設定がそれほど高くないので、数回の注入でもお財布に優しくなっています。また、ボトックスエラは注射のみの施術でメスを一切使わないため、傷跡が少なくダウンタイムが短くて済みます。ボトックスエラは医療機関で治療に使われている普通の注射なので安心できますし、注射後の腫れが発生しにくいと言われています。まれに注射した箇所が腫れる場合がありますが、その多くは通常のメイクで隠すことが出来るので周囲には知られずに過ごせます。ボトックスエラの施術後はメイクをして帰れるので、普段と変わらずに生活を送れます。